ヨコハマアパートメントについて

About “Yokohama-Apartment”

 ヨコハマアパートメントは、「住生活」と「表現の場」という面からアーティストの活動を支援することを目的とし、2009年に建築された。シンプルかつ開放的な外観と熟考された機能設計が特徴であり、国内外の建築家においてはもはや知らぬひとのない、現代建築の傑作の誉れ高い建物である。

 ノウ・ウェア主宰である浅野葛は2017年からアパートメントに居住している。アート全般へ精通しているオーナーは、特に文芸への造詣が深く、日々、多大な支援を頂いている。

 ピロティになった1階共有スペースでは、四季折々、移りゆく季節のさまざまな横顔を見られる。最も過ごしやすい時期は春から梅雨のはじまりにかけての2ヶ月あまり。やわらかい風が吹き抜け、草しげる青く甘いにおいを運ぶ。下校途中の子どもたちの黄色いこえで長い午睡から目を覚ます。ここで文章を書くこともある。ノウ・ウェアの作品は、このような環境で生み出される。
 
 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。